TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > 急性膵炎の際の食事

BLOG

急性膵炎の際の食事

愛犬に焼肉を好きなだけ食べさせる、という飼い主さんがいて

当然その犬は太っているのですが

トリミングに来るたび私が指摘するから(それなりにやんわり)

『お前のトコはうるせえから行かない』と言われました

来なくてもいいけど、死んでからでは遅いです

 

膵炎を患う、もしくは患ったことのある犬はここのところ凄く多いです

脂分の多い食事を摂る事でも羅漢する病気で

吐く・食欲不振・・・など症状から≪膵炎≫と特定しずらいという部分があります

 

初期診断で胃腸炎、今の時期なら暑さによる夏バテ、などと診断されて

高栄養の食事を処方されて無理にでも食べさせてしまったら

膵臓の炎症を進行させてしまう懸念はあります

対応が遅いと死んでしまう怖い病気ですが

今では多くの病院で、初期にリパーゼ値を気にしてくれるから

適切な処置によって、生還する子が多いです(私見)

 

診断された後、経過を診ながら食事療法を続けていく訳ですが

やはり恐ろしい病気なため

飼い主様はかなり気を使って、食事を選択すると思います

ほとんどの病院で低脂肪な消化器サポートを処方するように感じていますが

 

happy-trim23 - コピー (3) - コピー.jpg

 

酸化防止剤などが気になるようでしたら

市販されているものの中で、低脂肪なものを選択するか

手作りで対応すると良いと思います

お店でラインナップしているものの中では

 

 

happy-trim23 - コピー (2) - コピー.jpg

 

アーテミスのウエイトマネージメントが比較的低脂肪です

慢性化しているかどうかは、先生の判断が必要ですが

再発防止の為、食事に気を使うのであれば

良質なものをチョイスしてください

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6