TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN > ワクチンプログラム終了前に経験させる事

BLOG

ワクチンプログラム終了前に経験させる事

今ある知識はどういうところから学んでいるのですか?

先日そんな質問を受けました

 

驚いていましたが、何にそんなに驚くのだろうか疑問です

 

多くの場合は経験ネットからですが

 

躾や犬の育て方に関しては経験(今居る犬を見て得るもの)がほとんど

トリマーではないからカット技術を得ようとはしないですが、洗い方や接し方も今いる犬を触って

(※多分トリマーだったとしても、何だかんだ自分で切りながらいろんな技をあみ出すタイプだと思います)

犬の食事に関しては、ネットで検索しますが

多分人とは検索の方法が違うと思います

 

OPEN当初はDOGONE店長さんのブログは毎日見てました

今は情報を発信している誰かから知識を得ようとは思わないけど

疑問に思った事を深堀して検索する作業はよくします

 

僕は≪仔犬の経験は早い方が良い》派です

 

でも一般的には、ワクチンプログラム終了まで接触はさせるなと説明するペットショップは未だに多い

極端な話だと、先住犬とも接触させるなと・・・・

まぁ普通に考えたら有りえない話なのですが、店員さんもプロなので、その話に何の根拠も無くても

新米飼い主さんや、物事を深く考えない飼い主さんは信じてしまいます

 

その(僕から言わせると)間違ったリスク回避の方法をどう説得すれば分かってもらえるのか

その為の情報を検索する時には僕はまず『犬』『ワクチン』『リスク』と検索しました

 

『副作用』 『アナフィラキシー』 『老犬』などのワードは出てきますが

僕が知りたい《ワクチンプログラム終了前に経験をさせる事によるリスク》

に関しての記述は全く出てきません

 

 

 

『犬』『ワクチン』『リスク』『予防接種前』『接触』『罹患率』

などのワードを組み合わせても求める回答は出てきません

 

 【都道府県別 犬感染症 発生状況】

 

0 - コピー (2).jpg

 

 

 

 

↑対象となる2年間の間に感染症に罹患した犬を受診した病院の割合

僕が欲しいデータは

犬をワクチンプログラム終了前に外に出す事で感染する事例に関するデータです

ショップやブリーダーからの感性経路で罹患した仔犬や、

何年もワクチンを接種してない(極めて抗体が低い)犬が罹患したケースも含めたデータではないんですよね

 

でも逆に言うと、半数の病院は2年間何百頭も犬を受け入れていながら

感染症に罹患した犬を受診したケースはないという事です(このデータから読みとると多分そう)

 

これリスクと捉えます?

 

 

見えない何に怯えているのか

 

これね、利害があるからこうなっちゃうんですよね

この仕事をしていて、沢山の病院さんとお付き合いしていても

ワクチンは毎年じゃなくてもOKという病院はこだいら西動物病院さんだけです

 

たしかに0%じゃない限りリスクなんですよね

 

 

でもね、社会化に対するリスクもしっかり考えてから決めてくださいね

僕はパピーパーティーを無料で開いているから

若年例の参加犬が減る事は直接的なリスクにななりません

しかしネクストリーダーは確実に減ります

 

今日久しぶりにみらいに会いましたが

どうしてみらいが小さな子に遊びを教える事の出来る犬に育ったかというと

生後2か月から来ていたからなんですよね

現役世代のゆみちゃんも、素質こそあれ若くから来てた

 

リーダーになれるか分からないけど(笑)

チロやあおのド天然さも、若いころから揉まれまくってる

 

今日初登場したひまわりもネクストリーダーの風格(笑)

 

うちにリスクがあるとしたら、社会化装置の精度が下がる事かな

 

 

 

 

どうしてこんなに皆楽しそうに遊んでるの?

よく聞かれます

 

それは見えないリスクを怖がりすぎず、経験させたからなんです

 

パピパに来ると相対的に、社会化させないリスクが見えてきますよ

 

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6